InfraDoctor logo

インフラドクター®は、首都高が2017年から運用を開始した、未来型一括管理システム「i-DREAMs(アイドリームス)」のコア機能です。
GISと3次元点群データを活用した新時代のシステムでインフラ・構造物の維持管理業務の効率化を支援します。
NETIS [国土交通省 新技術情報提供システム] 登録No.:KT-170012-A

2018年

世界初!「8K」動画技術を道路インフラ点検に活用 ~首都高速 トンネルで実証実験に着手~

概要
首都高技術株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小笠原 政文)、朝日航洋株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:尾暮 敏範)、アストロデザイン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:鈴木 茂昭)の3社は、老朽化が進むインフラに対し、メンテナンスの品質向上と効率化を目的として、2018年12月1日から実用放送が開始された「8K」動画技術を道路インフラ点検に活用する取り組みを開始しました。「8K」動画技術のインフラメンテナンスへの適用は、世界初の取り組みです。
なお、「8K」動画とは、約3300万画素(横7680×縦4320)のエリアセンサカメラによる映像を指します。


写真(左):首都高速 トンネル実証実験の模様        写真(右):MMSに搭載した8K動画カメラ

首都高速のトンネルでの実証実験
2018年11月25日、首都高速のトンネルにおいて、朝日航洋株式会社が保有するモービルマッピングシステム(以下、MMS)に、アストロデザイン株式会社が開発した8Kカメラ(3300万画素)及び映像収録システムを搭載して、トンネル覆工コンクリートのひび割れを検出する実験を行いました。走行するMMSから0.15mm幅のひび割れを検出可能であることを確認しました。
≫詳しく見る

PDFで建設通信新聞の記事を読む


ハイウェイテクノフェア2018に出展しました

2018年11月28日(水)~11月29日(木)に東京ビッグサイトで開催されたハイウェイテクノフェア2018に出展し、大変好評を得ました。


≫詳しく見る


日刊建設工業新聞に掲載されました

2018年11月27日(火)発行の日刊建設工業新聞にて、インフラドクターをご紹介いただきました。
 PDFで見る


建設通信新聞に掲載されました

2018年11月26日(月)発行の建設通信新聞にて、インフラドクターの新機能をご紹介頂きました。
 PDFで見る


ベトナム国交通運輸省・世銀ベトナム事務所 日本研修

2018年11月19日(月)ベトナム国交通運輸省、世銀ベトナム事務所並びに片平エンジニアリング・インターナショナルより視察にお越しいただいた皆様へインフラドクターの操作をご覧いただきました。
ベトナム国 交通運輸省 道路総局 局長 グェン・バン・ユエン様、世銀 ベトナム事務所 上級交通スペシャリスト トラン・チ・ミン・フォン様をはじめとする16名の方々に首都高速道路の維持管理についてご説明を差し上げました。その中で、インフラドクターのデモンストレーションを大変熱心にご覧いただきました。併せてMMS車両もご覧いただき、様々なご質問を頂戴しました。



PIARC 横浜総会でインフラドクターを紹介しました

2018年10月25日(木)横浜にて開催された世界道路協会(PIARC)総会において、キーノートスピーチの中でi-DREAMsとインフラドクターについて紹介を致しました。翌日の10月26日に行われたテクニカルビジットでも更に詳しく説明を実施し、諸外国の関係者からも注目を集めています。


新技術交流イベント2018in静岡に出展しました

2018年10月25日 新技術交流イベント2018in静岡でインフラドクター®を実際に操作できる機会を設けました。
≫詳しく見る

  • 日 時 : 2018年10月25日(水) 10時から17時15分まで
  • 会 場 : グランシップ6階交流ホールおよび展示ギャラリー (静岡市駿河区東静岡二丁目3-1)
  • 入場料金 : 無料

鉄道版インフラドクター記者発表を実施

2018年9月27日に伊豆高原輸送管理センターにて鉄道版インフラドクターの記者発表会を行いました。
鉄道計測の為に改良を施したMMSを鉄道台車に積載し、軌道モータカーを連結した編成で車庫内を走る計測デモンストレーションも披露。計測方法の紹介や実証実験に関する説明を行いました。


<共同開発で使用する3次元点群データ>

≫詳しく見る

2018.9.19 日本初! 地理情報と点群技術を活用した鉄道保守管理システムを東急グループ、首都高速道路と共に共同開発を開始しました

2018年9月19日に日本初となる鉄道保安管理システムの共同開発についての記者発表を行いました。この共同開発は以下の4社によるものです。

  • 首都高速道路株式会社
  • 東京急行電鉄株式会社
  • 伊豆急行株式会社
  • 首都高技術株式会社

インフラドクターを活用して、鉄道保守新技術「鉄道版インフラドクター」の共同開発を行います。道路維持管理システムを鉄道に適用する事例としては、日本初の取り組みです。≫詳しく見る

鉄道版インフラドクターMMS


2018.7.31 第20回 国土技術開発賞 最優秀賞を受賞しました

2018年7月31日に(一財)国土技術研究センター・(一財)沿岸技術研究センター主催の第20回国土技術開発賞表彰式が開催され、最優秀賞を受賞いたしました。
国土技術開発賞は技術開発者の研究開発意欲の高揚と建設技術水準の向上を目的として建設産業に係る優れた新技術に贈られる大変名誉ある賞です。
私たちの技術は、新規性・汎用性・技術開発の効果等の観点で最も優れた技術として高い評価を受けました。


2017.7.24 第1回インフラメンテナンス大賞(総務大臣賞)受賞

社会資本のメンテナンスに係る優れた取組を表彰するために創設された「第1回インフラメンテナンス大賞」において、インフラドクター®が総務大臣賞を受賞しました。
インフラドクター®の「GISと三次元点群データを活用した道路・構造物維持管理支援システムの開発」が、インフラの維持管理の大幅な業務効率の向上、精度の向上及びコスト縮減を果たせる新しい取組みであることが評価されました。